kowa

INTERVIEWインタビュー

研究/開発/生産部門

KOWAのTeamたち。

興和グループの
「医療用医薬品」「OTC医薬品・ライフサポート品」に
新しい薬の創造を目指す医薬品研究Teamや、
多くの人の健康に貢献するべく
医薬品開発を進める開発Team、
確かな品質を支える
工程管理や品質管理を行う生産Teamなど、
医療の新しい可能性を追求するTeamです。

研究Team

あなたにとってチームとは?

医薬品研究職 藤本(以下 藤):やはり助けてくれる仲間であり、互いに競い高め合う存在という印象を持っています。
医薬品研究職 石川(以下 石):私も同様の印象を持っていますが、一緒に仕事を進めていく同志みたいに思っています。

KOWAのTeamについて。

:私は原薬といういわゆる薬の元になるものを実際の工場で生産するための大量合成を行う方法を研究しています。その時、安全面や作業面、コスト面など様々なことを考えて合成方法を決めていく必要があります。自分なりにいろいろと考えて進めていますが、その工程の中で何故か不純物が出来てしまった時に、一人で原因を考えるにはやはり限界があります。そこで周りに協力してもらって原因を考えて解決できた時に、チームのありがたさを感じます。

:また当然ながら仕事なので納期が決まっており、自分の作業が遅れると他の方の進行も遅れてしまいます。以前、他のグループから依頼されていた合成の書類の提出がギリギリになってしまったことがありました。その時は内容のチェックなどを先輩に助けていただき、なんとか納期に間に合わせる事が出来ました。

:私は新薬の候補となる化合物の薬理作用を評価しています。自分で仮説を立てて進め、その結果を判定するまで基本的には一人で担当しています。しかし、どうしても困ったこと、自分の知識や経験だけではわからないことなどがあると、周りの皆さんの知見が必要になることがあります。上司や先輩、同期そして後輩に自分には無い考えや意見をもらう時にやっぱりチームっていいなって感じます。

Come join our Team.

:興和では仕事をわりと最初から担当に任せることが多いので、責任感のある人がいいと思います。
:自分も困った時は先輩とかに助けていただいているので、まずは自分で考えてやってみる意欲を持ち、壁にぶつかった際には素直に抱え込まずに相談出来る人が良いと思います。頼り頼られというとちょっと弱いですが、やはり結果を出すために団結できる人がいいですね。

開発Team

あなたにとってチームとは?

医薬品開発職 中尾(以下 中):「可能性が広がる」というイメージを持っています。繋がりから人との関係が生まれ、自分の出来ることが増えていくみたいなイメージ。
医薬品開発職 山井(以下 山):垣根の無い平等な関係という感じですかね。なんでも言える、話し合える仲間みたいな、そんな感じですね。

KOWAのTeamについて。

:協力関係は社内はもちろん社外でも必要不可欠です。私の場合、ある大学病院との共同プロジェクトを担当しているので、そこで協力いただいている先生方ともチームだなって感じることがあります。
:開発業務は研究所との連携が非常に大切になります。ですから研究所の皆さんとは同じプロジェクトに携わるチームだなと常に思います。

:業務を進める上で、科学的なメカニズムを考える必要がありますが、その先のビジネスとして成立するかどうかを考える事も重要です。その時は社内外問わず、多くの方の協力を仰ぎ意見を聞く必要があります。こういった点は、社内外でチームを形成する開発業務という仕事の面白いところですね。
:自分が担当した薬剤が承認されるとやっぱり嬉しいですね。そんな時は関わってくれた方々に感謝しかありません。

:仕事が出来る上司や先輩を見ていると、やはり社内でも多くの繋がりを持っています。新しいプロジェクトなどがあると、その繋がりを活かして仕事を進めたり、その繋がりから仕事が生まれたりします。

:僕は語学留学制度を使って語学研修のために海外に1年間留学させてもらいました。なので、語学を活かしてもっとグローバルにチームを作れたら良いなと思います。

Come join our Team.

:自分が入社した時にOJTでお世話になった先輩と今でも繋がりがあって一緒に仕事をしています。だから僕もそういう長い付き合いができる人が嬉しいですね。
:普段業務をしているフロアは仕切りの無いオフィスでいくつかの部署が並んでいます。他部署の方とも気軽に話せる雰囲気なので、垣根なくコミュニケーションをとれる方だと非常に嬉しいです。

生産Team

あなたにとってチームとは?

品質管理課 郡山(以下 郡):一人ひとりが役割を認識した集団だと思います。
品質保証課 七海(以下 七):一緒に進む仲間ですかね、やはり。仕事でもそうですし、どんなことでもチームといえば一丸になる、という印象があります。

KOWAのTeamについて。

:採用の時からチームを感じていましたね。とても雰囲気が良かったんです。選考の時には人事の方にも励まされたりして。それが最初にチームを感じたときかもしれません。

:バリデーションという業務を担当していますが、これは医薬品の製造工程や方法が正しいかどうかを見極める業務です。薬というのは人の体に直接作用するものなので、当たり前ですけれども品質がとても大事です。品質を保つために重要な判断を求められた際には上司や先輩の経験や知識に基づいた意見を聴く事で、会社の信用を失わないように慎重に進める事が出来ています。

:私は品質保証課の一員として常により良い品質を追求することを心掛けています。製造工程で生じた問題やお客様から寄せられた要望の一つ一つに対して、メンバーと協力して改善につなげていくのが醍醐味でもあり、私の仕事の意義だと思っています。

Come join our Team.

:責任感や使命感を感じられる人がいいと思います。あと、実際の製造現場に入ってみると製品の理解が深まるので、好奇心旺盛な点も大事だと思います。

:生産職の仕事にはとても多くの知識が必要です。規制要件であったり製造環境、製造工程、製品の特性もよく理解する必要があります。私自身も、知識が足りなくて悔しい思いをすることがあります。しかし、それを知的好奇心として乗り越えられる、やりがいに感じられる人とぜひ一緒に働きたいと思います。